eラーニングとは

eラーニングに関する規格

eラーニングに関する規格

コンテンツ共有のための規格
コンテンツ共有のための規格とは、異なる学習管理システム間においても同一の教材・学習材などを利用するための規格である。代表的な規格として、SCORM(Shareable Content Object Reference Model)がある。

教材・学習材のコンテンツは、学習管理システムが規定する方式に従って作成されるが、学習管理システムは、無料のものも含め多数開発され、規格の乱立が懸 念された。SCORMは、異なる学習管理システム間においても教材・学習材が共通に使えることをめざして、規格の乱立を防ぐ目的で定められた。しかしなが ら、SCORM自体の仕様の複雑さから、一般の教師が簡単にSCORMに合致した教材・学習材を作ることが困難であるという矛盾も抱えている。

学校設置基準
学校設置基準とは、学校(大学などを含む)の設備編制などを定めたものの総称のことで、教育課程(カリキュラム)に定められた授業を行う際に必要とされる要件なども定められている。

大学設置基準に基づく文部科学省告示などにはeラーニングに関わる規定もある。告示によれば、高等教育を行う学校(大学(大学院を含む)、短期大学、高等 専門学校)の単位を与える授業においてeラーニングを教室以外の場所等で学習者に受講させる場合は、同時かつ双方向に行われる沿革授業などを除けば「毎回 の授業の実施に当たって設問解答、添削指導、質疑応答等による指導を併せて行うものであって、かつ、当該授業に関する学生の意見の交換の機会が確保されて いるもの」でなければならないと定められている。

(「大学設置基準第25条第2項の規定に基づく大学が履修させることができる授業など」(平成13年文部科学省告示第51号)などを参照)
参考資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 経済産業省商務情報政策局情報処理振興課編、『e…

0 続きを見る

eラーニングとは

  • eラーニングに関する規格

    コンテンツ共有のための規格
    コンテンツ共有のための規格とは、異なる学習管理システム間においても同一の教材・学習材などを利用するための規格である。代表的な規格として、SCORM(Shareable Content Object Reference Model)がある。

    教材・学習材のコンテンツは、学習管理システムが規定する方式に従って作成されるが、学習管理システムは、無料のものも含め多数開発され、規格の乱立が懸 念された。SCORMは、異なる学習管理システム間においても教材・学習材が共通に使えることをめざして、規格の乱立を防ぐ目的で定められた。しかしなが ら、SCORM自体の仕様の複雑さから、一般の教師が簡単にSCORMに合致した教材・学習材を作ることが困難であるという矛盾も抱えている。

    学校設置基準
    学校設置基準とは、学校(大学などを含む)の設備編制などを定めたものの総称のことで、教育課程(カリキュラム)に定められた授業を行う際に必要とされる要件なども定められている。

    大学設置基準に基づく文部科学省告示などにはeラーニングに関わる規定もある。告示によれば、高等教育を行う学校(大学(大学院を含む)、短期大学、高等 専門学校)の単位を与える授業においてeラーニングを教室以外の場所等で学習者に受講させる場合は、同時かつ双方向に行われる沿革授業などを除けば「毎回 の授業の実施に当たって設問解答、添削指導、質疑応答等による指導を併せて行うものであって、かつ、当該授業に関する学生の意見の交換の機会が確保されて いるもの」でなければならないと定められている。

    (「大学設置基準第25条第2項の規定に基づく大学が履修させることができる授業など」(平成13年文部科学省告示第51号)などを参照)
    参考資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 経済産業省商務情報政策局情報処理振興課編、『e…

    0 続きを見る
  • eラーニング海外レポート

    先頭を走るアメリカ。そして「アメリカの失敗」を踏まえ独自の道を歩むEU諸国。
    アメリカでは、なぜeラーニングの市場規模が拡大したのか。
    その後を追うかに見えるEU諸国の傾向と対策は…?

    気になる海外のeラーニング事情をVISION編集部がレポート!
    eラーニング大国・アメリカでキャリアアップを果たす学生たち
    海外のIT先進国において、インターネットを活用したeラーニングはもはや当たり前の存在となっている。その最たる国は、言わずと知れたアメリカで あろう。たとえば、『AIUバーチャルキャンパス』の卒業生はすでに44,000人を超え、現在も15,000人以上の学生が学んでいる。

    学生の一人、ロサンゼルス在住のアーナ・ダニエルズさんはこう語る。 「病院で働きながらインターネットで学んでいます。専攻はビジネスマネジメント。卒業後はこの知識を活かして、今と同じ医療の世界でキャリアを積んでいきたいわ」

    さ らに、eラーニングで道が拓け、福祉の第一線に出ることができたと語るのはジーニー・バーヌスカさん。「“大学卒”と堂々と言えるから、これまで学歴がな くて挑戦できなかった職種にも応募できたの。天職に出会えて幸せよ」ジーニーさんの息子も、そんな生き生きと輝く母親の姿を見てか、同じ大学に入学。アメ リカではこのように、親子がともにインターネット大学生、という例が少なくない。

    ちなみに2005年のデータではあるが、日本のeラーニングの市場規模がおよそ3,100億円(先進学習基盤協議会の予測値)と言われていたのに対 し、アメリカは10兆7,200…

    0 続きを見る
  • eラーニングシステムの概要

    eラーニングシステムとは、eラーニング実施するための情報システムであり、おおまかには、「教材・学習材」と「学習管理システム」(LMS、 learning management system)から構成されている。
    なお、システムを含まない「eラーニング」という用語単独でも、eラーニングのための情報システムを意味することもある。

    eラーニングシステムの利用者には、「学習者」と「教師」が想定されており、学習者用の機能と、教師用の機能は異なっている。また、多くのeラーニングシ ステムには、eラーニングシステムの「システム管理者」(システムアドミニストレータ)がおかれ、システム管理によって、学習活動・教育活動に対する支援 が行われる場合もある。 eラーニングシステムに最低限必要な要素は、「教材・学習材」と学習者であり、eラーニングの専用システムとしてはistudyに代表される自習システム にみることができる。専用システムではなくWorld Wide Webの技術を使用したものは、WBT(web-based…

    0 続きを見る

eラーニングとは

eラーニングに関する規格

eラーニングに関する規格

コンテンツ共有のための規格
コンテンツ共有のための規格とは、異なる学習管理システム間においても同一の教材・学習材などを利用するための規格である。代表的な規格として、SCORM(Shareable Content Object Reference Model)がある。

教材・学習材のコンテンツは、学習管理システムが規定する方式に従って作成されるが、学習管理システムは、無料のものも含め多数開発され、規格の乱立が懸 念された。SCORMは、異なる学習管理システム間においても教材・学習材が共通に使えることをめざして、規格の乱立を防ぐ目的で定められた。しかしなが ら、SCORM自体の仕様の複雑さから、一般の教師が簡単にSCORMに合致した教材・学習材を作ることが困難であるという矛盾も抱えている。

学校設置基準
学校設置基準とは、学校(大学などを含む)の設備編制などを定めたものの総称のことで、教育課程(カリキュラム)に定められた授業を行う際に必要とされる要件なども定められている。

大学設置基準に基づく文部科学省告示などにはeラーニングに関わる規定もある。告示によれば、高等教育を行う学校(大学(大学院を含む)、短期大学、高等 専門学校)の単位を与える授業においてeラーニングを教室以外の場所等で学習者に受講させる場合は、同時かつ双方向に行われる沿革授業などを除けば「毎回 の授業の実施に当たって設問解答、添削指導、質疑応答等による指導を併せて行うものであって、かつ、当該授業に関する学生の意見の交換の機会が確保されて いるもの」でなければならないと定められている。

(「大学設置基準第25条第2項の規定に基づく大学が履修させることができる授業など」(平成13年文部科学省告示第51号)などを参照)
参考資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 経済産業省商務情報政策局情報処理振興課編、『e…

0 続きを見る